タグ:自己改革 ( 23 ) タグの人気記事

一方で・・・~(139)~

堪えよう、堪えよう、と思っている一方で・・・、

今はネット社会、いろんな生き方、お金の稼ぎ方が実現できる、もう、この職は離れた方が・・・、と後ろから囁く自分もいる。

そのまた一方で、この3年くらい、仕事面では本当に、くすぶっていた。今一度思い切り仕事をしたい。昔は、前の会社に入って若手と言われたころは、どんなにしんどくても、どんなに理不尽でも、文句を言うのはその仕事をやりきった後で言おう、と前向きだった。それが、いつしか後ろ向きになってしまっていた自分がいることも、感じていて、自分に対してふがいないなと思ってもいる・・・。

そもそも、ポンスケごときの誹謗中傷、Kごときが流す風評を、気にしてガタガタ言っていた自分もふがいない。小さい!
そんなもん、気にせず、無心で打ち込めないのかと・・・。そんな風にも感じる。

ポンスケ、Kは別として、こんな自分のふがいなさゆえに職場のみんなにも迷惑をかけたと。申し訳ないなと思っている。
 だから、今回は、あの部長さんの“判断”をあまんじて受けようと思っている。ミソもクソも一緒にされ、必ずしも正しい情報が部長さんには伝わっていない現状だが、敢えて・・・。

一方で、今はネット社会だ。不本意ながら最悪の場合クビになった時に収入がゼロ、ということがないよう、バックアップを構築しておこうと考える。結果としてクビにならなくても、何らかのネットビジネスは個人として営む必要のある時代かな、と遅まきながら感じている。

そしてまたまた一方で、自分は本当はそもそもどんな仕事がしたかったのか、それを、悩んでいる。それを考えている。
今は鉄道関係の仕事をしている。ある鉄道会社傘下のグループ企業の社員だ。鉄道マニアではないが、鉄道というシステムに興味をもち、この業界に入ってきた。
正直、失敗だったな、と思っている。

何が?

鉄道というジャンルを、そしてこの企業(グループ)を選んだこと、ではない。

就職先や仕事先を考える際に、「自分がどんな働き方をしたいか」をよく考えていなかったことだ。情けないことと思う。どんなジャンルで働くかということばかり考え、肝心なことをあまり意識していなかった。

「人助け起業」という本をこの1か月ほどで読んだ。

別に起業するつもりはないのだが、「人助け」というキーワードが心に引っかかった。

この本は、自分が持つノウハウを起業につなげるにはどのようにするか、というノウハウを説いた本だ。実際的かつ現実的に書かれているので参考になる。特に前半部分は起業しない人たちにとっても共感できる内容だった。
「仕事には、人助けの要素が入ってないと、その価値は認められない。」
「はじめは人助けを主眼においてやっていたビジネスも、儲かり始めるといつしか儲けに走り、人助けの要素を忘れがちになる。するとやがてすぐに暗転し、そのビジネスは顧客を奪われ衰退の一途をたどる。」
など、「純粋に、人を助けたい、という気持ちが大事。」と説いていた。
まったくそのとおりだな、と思った。

いまの自分の仕事・・・、人の助けになっているのか?

そう自問した時に、心のうちから悲しい答えが返ってきた。

「否」

親会社や、傲慢かつわがままな客、そして、ポンスケに翻弄されているだけなのだ。

いや、自分がした仕事がどこかの線路の、何かに寄与しているかもしれない。しかし、少なくともそれを感じることが出来ない状況なのだ。

周りや、社内でやっている別の仕事や別の部門の仕事についても、(当然ポンスケの仕事の回し方についても) ずっと以前から疑問を感じていた。「何かが足りない。」と。
仕事のための仕事をつくって、動いているだけで、世の中に寄与するとか、誰かの助けになるとか、そういう意識がないか薄い、という感じだ。

「人助け」というキーワードに引っかかったときにはっきりわかった。

そしてその時に、「別にジャンルなんて関係ないんだ」と。

人を助け、感謝され、自分も感謝し、また人を助ける。そして自分もまた助けてもらう・・・、そういう、人として当たり前の、そして大事なサイクルを回すことが出来ていない。自分も、そして今自分が所属している会社も。ひいていえば社会もそうなのでは?不景気の原因って要するにそういうことなんじゃないか?

・・・仕事をめぐる今の自分の現状・・・。当然望んでこうなったわけではないが・・・、もう、「ごめんなさい」と言ってすべて清算したい気持ちになった。

一方で、どんなジャンルでもいいから自分にできる人助けはないか、そんなチャレンジが出来る場として、ネットビジネスをこれまで以上に真剣に考えるようになった。

キーワードは「人助け」

単にモノを売るだけでもいい。それを買った人が喜べばそれで。

 もっと、仕事というものを、単純に、人や世の中にほんのわずかでいいいから貢献するものとして考えられるようにしよう。

一方で、いま、そんな風な思いでいる。
  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-11-13 23:27 | パワハラ

~(136)~

10月21日(月)。台風がまた近づいているようだ。
今日もベランダからのお見送りはなし。悲しい限り・・・。

 午前中、ヨメからメール。 

『便秘』
「朝からミカちゃんが力みながら泣くのでおしりを見てみたら、おしりのところでウンチが詰まってました。麺棒で出したけどまだ残ってるようです。やっぱりヨーグルトをあげるとかしないと便秘になるようです・・・。」

「どれだけ出た?」

「まぁまぁ出ました。」


かかわりたくない! と言ったわりには、こういう連絡はしてくるのよね・・・。どういう心境なのか・・・。

家に帰ってから、聞くとその後もウンチはしたようで、大丈夫のよう。

しかし、これ以外に夫婦の会話はない。晩飯を食べ、ミカちゃんを風呂に入れ終わると、会話はほぼなし。新聞をもち、ひとり寝室に入り読む。リビングで読めばいいのに、私とかかわりたくないからワザワザ。。。
すごく冷たい空気。ヨメになついているミカちゃんが寝室の方へ寄っていく、、、仕方がないから自分も後ろについていく。新聞をベッドに座って読むヨメは無視。母親の方を必死に向き遊んでほしいとアピールする。ときおり後ろの私の方を向きニコっとあどけない顔をする。3分くらいその繰り返し。3人に会話はない・・・。
仕方なしに抱っこしてリビングに戻るが、母親の姿が見えなくなるとグズり出す。そしてまた寝室の方にハイハイしていく・・・。

ミカちゃんにとってもこんな状況よくないよ・・・。

  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-10-25 10:58 | 夫婦

~(135)~

10月20日(日)。夜、またヨメがヒステリック気味に。ヨメ本人としてはヒステリックなんて書かれるのは不本意だろうけど、こちらからみると、またヒステリックになっていた。
机に開いておいてあったノートPCを自分が離れていた間にミカちゃんが力任せにたたいてしまっていたようだ。おかげでキーボードトップが外れ、もうこのPCは再起不能かと思われ、ミカちゃんを起こるわけもいかず意気消沈していた。結局最後には何とか治ったのだが、何度も治そうとトライするもうまくいかず、ため息をついていた。
それを見てか、こちらを思いやることもなく、30分後くらいに、

「あんな何回もワザとらしくため息をついて!イヤらしい!それを見てるだけでムシズが走るの! 性格が合わないんだな、気が合わないんだなってつくづく思う! かかわってほしくない! できるだけこっちもかかわりたくないし!」

ヨメはそう言い捨ててひとり寝室に入った。

意味がわからない。こっちはPCを治そうと必死に取り組んでただけなのに・・・。

旦那として非常に傷つく言葉を投げつけられた。

 性格が、気が、合わない、、、ムシズが走る、、、かかわってほしくない、、、

こんな言葉をまるで石を投げつけるかのように放ったヨメはあとで何も後悔していないのだろうか。そんなことをして夫婦関係が良くなるとでも思っているのだろうか・・・。

哀しくなって言葉もなく、子供を抱いて下を向くだけだった。

オレのどこが悪いんだ・・・。

強いて言えば、

家で一日中ミカちゃんの面倒を見続けてくれていることに、労をねぎらう言葉をあまりかけてなかったかも・・・、というところかな・・・。

子供を足元に置くと、ほどなくして泣き出した。この1日2日、よく泣く。泣き出したのを見計らってか、ヨメが寝室から出てきてミカちゃんを抱き上げ連れて行ってドアを閉めた。自分のことを疎外するいやな仕草だった。

・・・それにしても、こんなひどい言い方、仕打ち、しなくてもいいんじゃないか?

哀しい。本当に。

  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-10-24 00:12 | 夫婦

~(134)~

10月18日(金)。はっきりしない、ひんやりした天気だ。

朝、いつもはベランダからミカちゃんを抱っこして出勤していく自分に手を振ってくれるが、それもなく・・・。前回の9月のケンカのときと同じだ。さみしい限り。
しかし、次の日に微妙に<軟化>するのも前回と同じ。いちおう晩御飯はでてくるし、「離婚!!」という言葉を口にしなくなったし・・・。しかし、それがかえって不気味だ。将来的には離婚する!と内内で決意しているようにも感じられる。だからなのか、<軟化>したといっても「ごめんなさい」といって謝ってくるわけではない。かたくなになっている“部分”を感じる・・・。

ヨメには・・・、

あやまってほしい・・・。

こちらが風上に立つために言っているのではなく、
本当に夫婦関係をいいものにしたいと願っているからだ。
前回9月のケンカのときもそう願っていたが、結局「ごめん」の言葉は出てこなかった。
ヨメの方からあやまれば、ヨメの気持ち自体が晴れると思うんだよね。。。
だから・・・。

  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-10-23 11:06 | 夫婦

旅に出よう・3 ~(129)~

1日おいて次の日、少し目先を変えてみようと思い、メールした。
「行程を2泊3日に伸ばして、蒜山高原かどっかで1泊しない? そこからだと余裕をもって出雲にも行けると思うし。日御碕と出雲大社2つ回るとどうしても弾丸ツアーみたいになっちゃうし、どうだろう? 昨日言った通り行かないというのならもう仕方ないけど。ご検討ください。」

会社から帰ると、「蒜山にいい宿、見つかるの?」と、少し前向きになってくれた。
前の日の晩にこっそり検索していた私は、「うん、3軒ある。」
・・・・
・・・
うまくいった。
2泊とも旅館をとることができた。
もともとは、お札とお守りを返しに行く話から端を発したものだけど、はじめての3人での旅行だ。“荒れてる”と霊媒師に言われた部屋も少しはよくなるだろうし、気分的にもこれから良くなっていきそうな。そういう予感がする。

それと、3年くらい前から始めた「出雲国霊場20箇所巡礼」・・・。自分としては、職場で人間関係が悪くなり、露骨にパワハラまで受けるようになってしまい、先が見えなくなっていた、そんな3年前だ。
自分を取り巻く人間関係をよくするキッカケをどこかで見つけられないか・・・、そんな思いで初めて出雲大社にお参りした。それから「20箇所巡礼」をスタートさせ・・・。

あれから職場の人間関係はよくなったのか? 振り返ってみる・・・。全快した、とは到底言えない状態。“いくさ”はまだ続いている。しかし、“出口”は見えてきている。この“いくさ”の結果がどのようになろうと、後悔しないだろうと思えるようになった。そして、状況もやられっぱなしだった以前とは変化してきている。6個ある“目”のうち、1個か2個は“勝ち目”がある状況になってきた。
何よりも、だれが敵で誰が味方かがはっきり区別できるようになった。
出雲大社は“縁結び”の神と呼ばれているが本当は“人間関係”をよくする、“人との縁”をよくする・整理する神様だそうだ。まさに整理がつきつつある。やっぱりご利益というものはあるんだな、と。
そして、この2年で、彼女と出会い、別れ、よりを戻し、結婚し、子供にまで恵まれた。
なによりのご利益だ。お礼をしたいと思う。

この3年間は自分のこれからも含めた人生の中で、過去と将来をつなぐ大きなターニングポイントだったと、後になっても言えると思う。苦しかったし、今も苦しいのだけど、そのターニングポイントそのものに感謝したいと。。。

さぁ、旅行はこの3連休だ。ヨメにも、ミカちゃんにも、感謝だな(^^)。

  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-10-15 23:30 | 家族

台風一過~(125)~

「了解しました。でも、むしろ通勤電車の中でマスクする方がまだ意味があると思う。」
ヨメからメールが返ってきた。やっぱりうちの職場のような特異性のあるところに対する理解は“完全には”できないようだ。ヨメからは「ごめん」の言葉は聞けなかった。家に帰ってたまたま華字が出てきた。それを必死にすすっていると、鼻水だと思ったらしく、「ホラ、マスクしても風邪ひくじゃない!」と。
 でも、「了解」だけはしたようだ。ゴハンも作ってくれるし、いつものように接してくれる。そしてそれ以降は「マスクのくだり」は口にしようとせず、子供とダンナにやさしく接してくれている。
ありがたい。

なんだかわからないけど、ヨメに何か少し内面的な変化があったように、感じ取れる。。。なんというか“対立感”がなくなった。

9月17日。台風一過。
ヨメとミカちゃんはまた長崎に帰っている。お父さんの3回忌、それからリハビリ中のお母さんの具合が少し良くなってきているので、一時的に家に帰してみる、ということで。2週間くらいの予定だ。その間、さみしいけど、早く帰ってきてほしいけど、ひとりでいろいろ考えられるいい時間でもあるかな、、、なんて。
これからも、いろいろあると思うけど、何とかなるのかな。そういうイメージが自然とわいてくる感じだ。

朝、家を出ると、図ったかのようにヨメからメール。「つたいあるき:ミカちゃんは昨日からつたい歩きがしっかりできるようになりました。テーブルの高さが絶妙だったみたいです。」
写真付きで送ってきた。

すごいすご~い!成長速いなぁ! ありがとう!

m.jpg【海外ビール】グロールシュ・プレミアムラガー 缶 24本 1ケース
販売価格: 5,330円 (税込)!




  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-09-18 00:06 | 夫婦

また、つまらんケンカ・・・~(123)~

9月7日(月)。晴れ。朝晩は涼しくなってきて、クーラーなしでも寝ることのできる気温になってきました。
この土日は最悪だった。いいこともあれば悪いこともあると思うのだが・・・。またショーもないケンカ。
今回も前回と同じように「こちらから謝る」ということをしようかとも思ったが、あまりにもしょーもなすぎる中身のケンカ、ということと、ヨメ自体にも「まずこちらからあやまる」ということをする気があるかないかが今後の夫婦生活を決めると思うので、、、今回はとりあえずは謝らないことにした。。。

しかし、そんなこと知ったこっちゃないとばかりに、「いつだって離婚していいんだから!」と、大嵐の6月と全く同じスタンス。どうすればいいのか・・・。
ヨメにもう一皮むけてほしいと思うのは贅沢な話なのか・・・

・・・ケンカが勃発したのは土曜日の朝。会社のソフトボールの練習に参加しようとユニホームに着替えていた。突然ざーっと降った雨の影響で練習中止の連絡がメールで回ってきた。「練習の代わりにバッティングセンターへ行こう。」ということになったので、そのままの姿で行こうとすると、「ユニホームでバッティングセンターに行くなんて、ありえない。ヘンな人!」と悪口を叩き始めた。「そんな、ヘンでもないやろ。別にいいんとちゃうん?」と言っても、「えーーー、ヘンやわ!普通ジャージとかで行くんちゃうん?ホンマヘンな人!」と、ヘンな人呼ばわりを連発。それからこのくだりが2度、3度。。。ワザワザこちらをイラ立たせようとするヨメの態度に、こちらも少しイラっとし、ワザワザジャージに着替えた。「ホラ!これでええんやろ!」
ヨメが「ふん、ええんちゃう。」と言えばそれで何事もなく終わっていた。しかし、さらにこちらが腹を立てることを口にしだしたので、こちらも最終的にキレてしまった。

「ふん、それでもヘンな人やわ!会社ではマスクしてるし。マスクつけたまま歩いて帰ってきたら、(この季節)周りの人に変人やと思われるわ!」

と、意地でもこちらをヘンな人呼ばわりしようとしてくる。さすがにこれにはガマンができなかった。マスクを社内で敢えてするには当然理由がある。実は、ここに投稿しただろうか・・・、3月にミカちゃんに風邪をうつしてしまう失態があった。自分が会社でもらってきた風邪だ。誰の風邪をもらったかもわかっている。Kだ。自分の隣の席に座ってダラダラやっている陰険嘱託オヤジのKだ。去年頃から年中断続的にくしゃみや咳をするので気にはなっていた。特に冬の時期にはほとんど毎日くしゃみや咳をする。しかし、くしゃみが主だったので花粉症だろうと思っていた。3月のこの時もしきりにくしゃみをしていたのでまた花粉症かと思っていたのだが、数日たってお宮参りのときあたりに具合がおかしくなった。最初はくしゃみと鼻水だけだったので花粉症だと思っていたが、2,3日たってのどが痛くなってきたので、風邪と気付いた。風邪と気付いた時にはミカちゃんにもうつってしまっていた。ヨメの信頼を大きく損なう事件であるとともにミカちゃんに非常にしんどい思いをさせる結果になって、本当に申し訳なかったと思っている。
以来、家に帰った時はまずうがいと手洗いを励行している。そして、病源菌がKであるということが分かっている以上、Kが隣に座っているときはマスクをするようにした。ミカちゃんに2度と風邪をうつしたくないためだ。それを徹底する意味でマスクをしていた。確かに、言うようにこの季節にマスクをする人は少ないし、ヘンだと思う人もいると思う。事情が事情だ。ミカちゃんのために万が一があってもいやだ。それにKはワザとくしゃみや咳をこちらに向けてしてくるほど陰険なヤツだ。それが隣の席にいるのだから。K自身が気付いているかはわからないが、66の歳のこのオッサン、体の抵抗力が弱っているようだ。ちょっとした弱い風邪の菌にも感染するようで去年から本当にしょっちゅう咳やくしゃみをするようになった。不幸中の幸いなのは、ミカちゃんにうつった風邪も弱いものだったのだ。自分も含めて熱はそんなに出なかった。
ヘンだと思われても敢えてマスクをしているんだ。そんな自分を、いちばん信頼を置いているヨメがヘンな人呼ばわりし、全否定までする。さすがにガマンできなかった。
そういうわけなんです。。。

「ミカちゃんのためにやってることやぞ!それをヘン呼ばわりか!」
「だって、そうじゃない。そんなところ(社内)で(風邪が)うつるはずがない。私は医療関係者なんだから私の方がよくわかっているわよ。」
「ほんなら風邪もらって帰ってきても文句言ううなよ!マスクせーへんぞ!」
「風邪をひくのはアンタの自己管理が悪いからやんか!」
「だから、自己管理してるんやろが!何考えとんじゃ!」

『ええ加減にせい!!』

吠えてしまった。

あなたなら、我慢できますか?
それでも、我慢せよ、受け流せ、という意見もあるかもしれませんね。でも残念ながら私には我慢が出来ませんでした。。。すいません。。。
少々ヘンだと言われてもミカちゃんのために敢えてしていることを一番信頼しているヨメにこんなにまで言われたら、、、我慢できませんでした。

昨日の日曜日なんかは、夕方から友人と出かけ、帰ったのは晩の9時。それ自体は前々からヨメも予定していてこちらにも言っていたことだからいいが。帰ってきて、ほとんど何も言わずに風呂に入り、お乳をあげたはいいが、ほったらかし、ほぼ無言で自分だけ先に床に入った。寝かしつけるのはお前の仕事!と言わんばかりに。。。

それまで3人川の字で寝てたけど、この土日以来自分だけ別部屋で寝ている。ミカちゃんを抱っこして寝かしつけ、ヨメが寝ているベッドに運び、ひとり別部屋で寝た。悔しいし悲しいし・・・。
親にも相談した。
「アンタ、、、なんでそんなしょーもないケンカを・・・。」
「そうやねん。しょーもないねん。こっちはわかってるんよ!しょーもないってこと。だけど、ワザとそのしょーもないケンカをフッ掛けてくるんだもの。それに、ミカちゃんのためにやっていることまでダメ出ししたんよ。これだけは我慢がならなかった。仕方がないんや。すぐに“離婚”という単語をだすのもどうかと思う。こっちももうもたへんワ。そういう状況なんよ。わかってよ。」
「そうは言っても、アンタも聞きながしゃいいやん。」
「最初は我慢して聞き流してたよ。けど、ミカちゃんのためにやってることを“ヘンな人呼ばわり”したんや!これだけは許せへん!聞き流せない!」

~(122)~のときは何とかこちらから謝意を切り出し、ことなきを得た。しかしそれからというもの、ちょいちょいヨメの発言にカチンと来ることが、実は、増えてきていた。。。 そのせいでこちらも少し、タマっていた。

・・・キレてしまったのが悪いのか・・・。でもなぁ・・・。あまりにもレベル低いんよ、このケンカ。。。

ホントに犬も食わん。

こんなんでホントに“離婚”なんてことになったら、申しわけない、というよりも、恥ずかしい。ミカちゃんがかわいそすぎる。。。

・・・なんとかしよう・・・、なんとか・・・。

m.jpg【海外ビール】グロールシュ・プレミアムラガー 缶 24本 1ケース
販売価格: 5,330円 (税込)!




  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-09-09 23:02 | 夫婦

2面性・・・~(122)~

8月29日。晴れ。
ここ2,3日、朝晩の暑さが少し和らいできた感じがする。

ある本を読んでいると、「全てのことには2面性がある。いいことが起こればそこには必ずデメリットがある。悪いことが起こればそこには必ずそれが起こったことによるメリットが隠れている。起こった悪いことを一面的にとらえるのではなくそこに隠れているメリットを見出すようにすれば、バランスの保たれたいい人生を送ることが出来る・・・。」というもの。ザックリ言えばいいことも悪いことも起こるけど一喜一憂しなさんな、ということか。
小さないいことがこのところ続いていたが、昨日はまさに悪いことがあった・・・。

リビングのテーブルに置いている私のノートPCを指差して、「このパソコンをここに置かないで、って言ったじゃない!」と突然。
「え?ゴハンのときだけ、狭くなるからのけてくれ、って話じゃないの?」というと、
「そんなんじゃない!私、前から言ってたよね。そこに置いとくとうっとおしいからいやなの。」
「え!?」
「前にもゆったよね!ここに引っ越してきたときに。部屋が一つ増えたからそこにパソコンおけばいいじゃない、って!」
「ゆってないよ・・・。」
自分の言葉を聞き入れられてないと思うや否やフテ寝に近い形で子供を連れてベッドルームにこもってしまった。
こちらにしてみれば、“不意打ち”だった。
不本意です。
6月の、~大嵐~のときもそうだったが、
「私、前にもゆったよね!」
というセリフが出るとかなりヤバい。前々からたまっていたフラストレーションが噴き出す瞬間にでるセリフだからだ。
で、実際に本当に「ゆった」かというと、これまであった出来事のうち3分の1は「ゆってない」ことで耳覚えのないことだったりする。3分の1は「確かにゆってた」と納得することだが、残りの3分の1は今回のようなグレーなパターンで非常にこじれる。
(自分は言ったつもりでも)半分も言わずはっきり言わずで、「ゴハンのときだけ」みたいな伝わり方をしている。1を聞いて100を察せ、みたいな感じ。さすがにこれを察せと言われても酷だ。しかも、増えた奥の部屋にパソコンを置いてくれの話は本当に聞き覚えがない。
でも、彼女の中では3か月前に言ったことになっているので、どうにもならない。
こちらとしてもめっちゃ不満だけど、PCがテーブルにあることが気に入らないということだけは現実としてわかったので、対処するほかない。
6月のときも感じたが、彼女が持つ“性質”として、3か月ほど心の中に溜め込んだフラストレーションは、実際には口に出してなくても、口に出して表明したという事柄として、自動的に記憶が塗り替わっているようだ、ということ。
こういうときは文句を押し殺して、すぐさま実際の動きに出なければならない。
ネットでPCラックを検索してみたはいいが、既存のスペースに収まりそうなのがみつからない。それと、奥の部屋だが、実際は倉庫に近い形になっていて、どうやって置きゃいいのよ!って仕上がりになっている。ツラい状況だ。

それにしても・・・、「前に言ったよね!」ではなくて、「前にも言ったと思うんだけど・・・。」という言い方に、せめてならないものかなぁ・・・。

「昨日はごめんね。正直奥の部屋には置きたくないので電子ピアノの横のスペースに合うラックを検索したのですが、収まるのがなくてちょっと困ってます。今日、例の鳥の店、行かない?予定のタイしゃぶもいいんだけど、毎日作るの大変だろうし、、、。いまのとこ、ミカちゃん、何ブリ?」
とメール送信。

30分くらいして、
「私も嫌な態度でゴメンナサイ。PCの置き場はゆっくり考えてください。どうしてもテーブルで見たいならタブレットも便利と思います。今のとこミカちゃんは“2ブリ”です。今日買い物に行ってパクチーがなければ鳥の店にいきましょう。」

よかった。なんとかなったね。
「復縁プログラム」にあった「得たくばまず与えよ。」という言葉、結婚式のときに神父さんに言われた、「まず先にリーダー(夫)の方からあやまる・・・。」という言葉を、思い出す。うまく、いきそうだ。

m.jpg【海外ビール】グロールシュ・プレミアムラガー 缶 24本 1ケース
販売価格: 5,330円 (税込)!




  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-08-29 23:57 | 夫婦

信じられないほど、事がうまくはこぶ・2~(119)~

「わかった。以前のように仕事をしてくれるのか。それなら仕事を渡す。」

と上司は明言した。しかし上司の顔はわなついていた。こちらのパワハラ申告を受け、6月6日ごろに会社側からこの上司Nに“指導”が一本入ったようだ。会社からのワンパンチにつづき、部下からも“謝罪”という名の返しの一発を浴びる形に。

謝罪した部下を悪く言いふらすことはもうできない。こちらは夫婦関係をよくするために、3人で幸せに暮らすために、一心で頭を下げただけ。しかし、それが今度は上司Nを不利な立ち位置に追いやる結果に。

部下は謝罪 → 上司は仕事を渡すと明言

これでも上司Nが仕事をこちらに一切与えずパワハラを続けるようなら、非は上司のみにある。再度ガチで申告すればいいし、その時には組合にも力を借りればいい。上司Nを叩き潰す大義名分が出来るというわけだ。
8月3日の今日になっても上司Nは仕事をこちらに与えてこようという様子はない。「仕事はありませんか?」と伺いにも行ったが、お茶を濁すだけ。声が小さく、うろたえているようにも見える。
盆が明ければ2か月がたつ。盆が明ければまた伺いに上がろう。一歩一歩じんわりと間合いを詰めにかかるんだ。。。

一方、夫婦関係の方は、その日から回復傾向。うまく言えないが以前とは配慮するポイントを変えたというか。。。ヨメの“特性”が遅まきながらなんとなく見えてきた。ルーチンワークだと大量であってもこなす。しかし、旅行、引っ越し、大きな買い物など、“変化の場”とでもいおうか、そういう場面でテンパる、というか余裕がなくなる感じだなぁ。
こちらの方が気持ちに余裕をもって、話を聞く姿勢をもつとか、あとは気が付いた時だけでも、少し気を使うというか配慮するというか。「復縁プログラム」でいうところの、自分の内面を変える作業だ。
ヨメも少し理解してくれたのか、7月には以前のように和やかな感じになっていった。ありがたい。

いまは長崎の実家のお母さんの具合がよくなく一次帰省している。
むこうからメールが来た。
「ミカちゃん、今日は哺乳瓶の麦茶を少し飲めるようになりました!」
やったね。ありがとう。
m.jpg【海外ビール】グロールシュ・プレミアムラガー 缶 24本 1ケース
販売価格: 5,330円 (税込)!




  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-08-06 07:19 | パワハラ

信じられないほど、事がうまくはこぶ・1~(118)~

8月5日(月)。
朝、家をでる。ヨメとミカちゃん、ただいま長崎の実家へ帰省中。

・・・あれから・・・どうなったかというと、

離婚を切り出された!
しかし、実家の父母の必死の説得にあい、とりあえずは離婚を取り下げる形に。
もちろん、親からは大怒られした。

「考え方が自分中心じゃないか。スタンスを改めろ!」

しかも、「今日今すぐ来い。」と呼び出されたその日が、組合とパワハラ上司についての相談をする日だったので、それをキャンセルせねばならなかった!
しかしこれが逆に功を奏する結果に!

「今日は組合と何を相談するつもりやったんや?」
と聞かれたので、実はパワハラを受けている話をした。
すると、「それもお前のスタンスの問題。」と一喝。
「組合とそんなこと相談したってどーにもならん。上司には謝れ。」
と、事情内情を詳しく聞くこともなく。
「いやいやいやいや!」という間さえもなく
「このまま上司といがみ合えば会社を追い出されることになるぞ!家族を守らないかんねんから、出来の悪い上司であってもへつらえ!」

次の週に上司Nに謝る約束をすることになってしまった。

総務にパワハラ申告をして2週間たった火曜日の朝。上司Nを呼び出し、詫びた。

詫びたふりをして親には報告しようかとも思ったが、敢えて本当に詫びることにした。上司はつけ込んでくる来るかもしれない。しかしそれならそれで総務や組合に再度申告して徹底的にやってやろうと考えた。それに、正直言ってこっちに全く非がなかったというわけではないし。。。6月18日のことだった。
m.jpg【海外ビール】グロールシュ・プレミアムラガー 缶 24本 1ケース
販売価格: 5,330円 (税込)!




  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-08-05 21:56 | 家族