タグ:奇跡 ( 23 ) タグの人気記事

風向きが・流れが・・・1~(140)~

11月26日。晴れ時々曇り。
朝、9:05。左隣の席の若手Sとともに、ポンスケに呼ばれた。前の日に少し耳にしていたが、こちらに仕事をまわすという話だ。
2週間前には、部長から「お前に仕事をまわしていない理由、わかっとんのか!!」と罵声を浴びたところなので、当分仕事は回ってこず、椅子に座り続ける生活が続くと思っていたのだが、、、S君の業務量が増え、回りきらなくなったようだ。それでもポンスケは私へは仕事をまわすまいと粘っていたのだが、S君の仕事をサポートしている周囲のうちの一人が部長に対して、敢えてポンスケのみているところで、キレたそうだ。
「○○さん(←私)以外みんなもう一杯一杯で回りません!!どうにかしてください!!」ぐらいのことを直訴した様だ。
部長はポンスケを呼び出し、ポンスケはしぶしぶ私を使うことになった。

10分足らずの打ち合わせの末、同席していた部長がひとこと。
「1度もチャンスを与えずに、というのも酷なので。それから、あなたにもいろいろ思いはあると思うが、あなたは下の立場なんだから、それを意識するように。。。」
こちらの思いを全く汲み取ろうとしなかった部長が、だいぶ変化してきたようにも見える。ポンスケはあいかわらずポーカーフェイス。私に仕事をまわさざるを得ないことを当然不快に思っている。また以前のように必要な情報を故意に伝えないなどの嫌がらせをはたらくかもしれないが、部長の考えや思いが今後徐々に私寄りになればなるほど、黙り込むしかなくなるだろう。そして、おのずとこの職場を出ていくことになる。
気にせず、いま与えられた仕事をこなすことに集中しよう。

“流れ”は必ず変わってくる。“奇跡”を信じて。

  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-12-26 12:47 | パワハラ

胃が痛い・・・~(138)~

11月11日(月)。曇り時々しぐれ。
どうも、数日前から体調がよくない。先週金曜日の朝には原因不明の胃痛。胃腸薬を飲んで何とかなったが、体のだるさがとれない。昨日の日曜日は、夕方4時過ぎからソファで眠りこけてしまった。何かしているわけでもないのに疲れている。夜は夜でイビキが相当にうるさかったらしく、ヨメに言われた。何か疲れている。今も。若干心拍数が高いかも。先週からの胃痛はおさまっているが、本調子じゃない・・・。
精神的なものかも。。。
心当たりはある。実は11月初旬から、ポンスケ次長の上司である部長から呼び出され、罵倒の数々を浴びている。
この部長さん、今年6月に別の会社からやってきて着任。これまでの経緯やポンスケの卑劣な人間性を知らない。
一番危惧していたことではあるが、ポンスケからあることないこと吹き込まれてしまったようだ。
お前は仕事をしようとしない、指示待ち、謙虚さがない、理由をつけて仕事を遅らす、、、“ほかの仲間”がこんなことやあんなことをお前からされたと言っている!、、、などなど。

“ほかの仲間”?? 陰険オヤジKかな、、、理由をつけて仕事を遅らすなんてしたことがない。ただ、、、遅れてしまった仕事はある。それについて「このように処理する・進める。」と報告したが、その報告をポンスケは自分の都合のいいようにネジ曲げているようだ。他にもネジ曲げて報告していることが多くある模様。

自分の非は認めるし、「申し訳ないです。」とその場でも謝ったが、「お前、これもしただろ!あれもしただろ!」と身に覚えのなきことも。

「え!?」

という顔をすると、「とぼけるな!」

何を言われても頭を下げるしかない状況。。。
・・・この部長さん、悪い人ではない。むしろ、いい人なのだ。体質の悪化したこの会社にはかなり珍しいと言える、正直なハートの持ち主だ。今まで歴代の部長にはないハート。もっと早く出会いたかった。
この5か月程度の短い期間に私の欠点も見抜いて指摘するほどの頭の良さ。京大かどこかを出ているようだが・・・、だが、ポンスケのウソは見抜けないようだ。
この人なら、一方を聞いて沙汰するような人ではないと、自分に対しても切り込んでくる代わりにポンスケのウソもしっかり見抜くことだろうと期待していたのになぁ・・・。
残念だ。今のところ、非常に雲行きが怪しい。
配転、左遷、出向、、、私の言い分がひとつも認められないまま何らかの沙汰が下る可能性が大きくなった。
それでも、やめるつもりはない。(へき地に飛ばされたら考えるが)

何もかもがお手盛りで、社員に対して平等な扱いを何一つしてこなかった会社だ。自分への沙汰も含め、どのようになっていくか、見届けようと思う。それと、会社側が辞めろと言ってきたら仕方ないが自ら辞めると言えば、ポンスケらに対して負けを認めたことにもなる。どんな形でも会社に残れば、負けではない。いずれポンスケらは退職していく。
それまでジッと我慢しておけばいい。

今日は変な天気だ。けど、屋上に出ると、虹がかかっていた。
人生、雲行きが悪い時も晴天のときもある。いづれ、自分にも虹がかかるときがくる。
堪えよう。味噌もクソもなすり付けられている現状だが、堪えよう。
  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-11-13 07:40 | パワハラ

旅に出ました・初日~(130)~

 旅の行程は、こう。

 初日大阪を出て、約3時間かけて蒜山高原へ、そこで1泊し、次の日朝から出雲大社へ向かう。おふだを返し、20箇所巡礼最後のポイント日御碕神社にお参りし、米子方面に戻り皆生温泉で一泊。次の日に大阪へ帰る。 やっぱミカちゃんもいるので行程としては余裕のあるものに。

 初日。10月13日。朝の10時半過ぎに家を出発。中国道のICに入ろうとすると・・・、IC入り口付近が妙に動きが遅く混んでいる。
「え?!」
その先に少しだけ見えるゲートの向こう側を見ると、ずらーーっと、見たこともないくらいの数の車が数珠つなぎになっている。
「うわ、サイアク・・・。」
次のインターまで下道でいくハメに。しかも下道も混んでいて中国道に乗ったのは12時。前途多難な滑り出し。旅行に出ると夫婦の関係がこじれる確率が高いというトラウマがあるので、内心、「うわ~これからどーなるんやろ・・・。」と若干ビクビクしていたが、その後はスムースに流れた。3時間くらいで蒜山ICにあっさり到着。宿に行く前に蒜山ジャージーランドに寄ってみた。
空域もすがすがしく、ラベンダー畑がキレイで、その横にジャージー牛が放されている牧場が広がっている。すごくきもちのいいところだ。天気も良かったし、来てよかった。
帰り際、駐車場近くの草むらにミカちゃんを座らせてみた。すごく楽しそう・・・。自分の周りのクローバーなんかをさわったりちぎったり・・・、ニコニコしてた。今日のことは将来までは覚えてないと思うけど、なんかきっと楽しかった感覚だけでも覚えていてくれたらな、なんて思う。
 夕方、4時ころ、予約していた宿に。
 民宿、というかペンション、というか、その間をいくかんじ、全体にすごくキレイにしていてくれて泊まってて気持ちがよかった。凄くよかったのが晩御飯に出たスキヤキ。このスキヤキお肉が本当においしかった。「さかた」っていう旅館だったっけ。
出鼻を渋滞に巻き込まれたのを忘れるのに十分な、いい休日でした。

  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-10-16 23:34 | 家族

つかまり立ち ~(121)~

8月21日。晴れ。まだまだ暑い日。
あいかわらずの会社。ポンスケ、そしてなんといっても嘱託のK!こいつがいるだけで社内の空気がよどむ。いるときといないときとは、551の蓬莱のようにはっきりと空気感が違う!このKだけでも消えてなくならんもんかと思っているやさき、午後3時ころにヨメからメールが来ているのに気付いた。
「さっきミカちゃんがソファーにつかまり立ちしました。撮影はできなかったよ。」

おおおおおおお~!

最近は、3週間ほど前からはじまった“ずり這い”がめっちゃ速くなって、あまり食べようとしなかった離乳食も自らパクつきに行くなど、めっちゃアクティブでした。もうはやつかまり立ちまでするとは!

「真っ直ぐは立ててないけど、自分の力でできました。」


おおおお、スゴい、スゴい~!

感謝感謝!ありがとう!


m.jpg【海外ビール】グロールシュ・プレミアムラガー 缶 24本 1ケース
販売価格: 5,330円 (税込)!




  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-08-21 21:29 | 子育て

これからが、戦 ~(116)~

6月7日(金)。晴れ。
ポンスケNの上にあたる部長と面談。とはいっても今後の希望や達成レベルなどをみる定期的な面談だ。ちなみにこの部長もこの6月に退任し別の会社へ行く。
事前に5月に書いていた面談表には、ポンスケNによるパワハラのため仕事に必要な情報を意図的に与えられなかったことを書いておいた。さらに最後の目標欄に、「仕事を全く私に与えようとしない、風説を流布するなど、いやがらせのひどい上司についていろいろ不満はあるが、上司云々ではなく、今後も自己研鑽に励み、いかなる仕事もクリアできる技術力の獲得に努める。」としめていた。
さぁ、クサイものにフタをするように「この記述を書き換えろ」と言ってくるかどうするか、この部長の出方をみると、、、そこにはふれず、お茶を濁す面談。。。かと思うと、差後の最後にひとこと。「ま、、、あなたにもいろいろ仕事をやってもらわなきゃならない。。。あなたの上司にもよく指導しておくからさ。」と。
ポンスケNに「指導」が一本入った形だ。
ホントはバッサリとクビにしてほしかったが。
しかしこれで、1塁にいるランナーを2塁に進めることだけはできた。次またパワハラを仕掛けてきたならば、「指導が入ったにもかかわらず・・・。」ということになり、Nは窮地に追いやられる。それでいい。
しかし、あの根性の悪いポンスケNがそんなはずがない。こんどはもっと見えにくい形で陰湿なパワハラを仕掛けてくるだろう。
今後、どう対処するか、難しくなるかもな・・・。
とりあえず、くさびを入れることはできた。よかった。
組合にもメールを入れておいた。
「今日、S部長と人材育成トレースの面談がありました。この面談の最後にひとことだけでしたがお言葉がありました。『あなたの上司にはよく指導しておく』と。これで今後、状況が改善すればいいなとは思っております。ただ、部長も代わられますし、Nは以前の会社でもパワハラははたらいていた男でもあります。これでスンナリ終わるとは限らないとも思っています。逆に見えにくい形で“いじめ”を進行させることも予想されます。今後も状況を慎重に見極めていきたいと思ってます。
ときたまになると思いますが、このような形で状況を不定期に連絡として入れさせてください。ご心労をおかけし申し訳ございません。ありがとうございます。」

戦(いくさ)は、これからだ!
m.jpg【海外ビール】グロールシュ・プレミアムラガー 缶 24本 1ケース
販売価格: 5,330円 (税込)!




  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-06-12 09:41 | パワハラ

重い荷物をおろす~(105)~

4月3日。曇り。風があって少し寒い日。
前々からもう一度読み返したいという本があって、今日朝本棚から出して通勤電車の中で読んでみた。

「2週間で人生が変わる魔法の言葉(じゅもん)」

この本は1日1レッスン形式になっていて14日目まである。1年前、彼女から別れを告げられたあとから、この本を読み始め、読み進めるとともに、よりを戻し結婚にまで至った奇跡のような不思議な本。
もう一度1日目から読み進めようと思ってまずは目次を開いた。見ると5日目の「重い荷物をおろすと軽くなる」というのが気になり、そこのページを開いてみた。そこには、「心の重荷」となっている「いい人だと思われたい」という欲求や「自分さえ我慢すれば」という気持ちを捨て、自分のことを考え素の自分を愛することを説いていた。
何か昨日の「こだわりを捨てる」というのに通じるものがあるなぁと・・・。

出社して机につき、ノートにこの章にある言葉(じゅもん)をかきとめた。それだけで少し気持ちがスッキリしたような気がする(^^)。

そうだ、お礼(本のアンケート)のはがきを書いてなかった。書いて出そう。今月の22日に。。。

e0261687_15114887.jpg女性のためのお守りブレス あります!
~ファッション雑貨・奇跡を信じて!~




  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-04-05 21:53 | 夫婦

金持ちホリエモン~(101)~

3月28日。曇り。
実家のお母さんが手術を受けるため入院する。ということで2週間前から再度実家に帰っていたヨメと子が今日戻ってくる。
昨日の晩、カレーを作り置きしておいたが、ヨメのお気に召すだろうか。シーチキンブレンドカレー・・・(笑)。

・・・去年のこの時期も同じようなことを感じていたといってたかも・・・。
自分に向かって吹く“風”というべきか“流れ”というのか・・・。それがまたいいものに変わってきそうな予感。そしてそれは去年よりも格段に良く、そして去年よりも静かに、近づいてきているような。。。

ホリエモンが仮釈放された。記者会見で彼が言っていた言葉で引っかかったのが2つ。
「自分はまじめな性分の人間なんで・・・。」
まじめな人間が自分自身のことをまじめと言うだろうか? いや、しかしそれは偏見かも。ポジティブにみると、自分自身をかなり客観視できている証拠ともいえるかも。そしてこの言葉が一番印象的だった。
「興味のないことはやらない・・・。」

・・・ていうことは、興味のあることだけやるんだ・・・。

この人はライブドア時代以上に“金持ち”になるな・・・、と直感した。

好きなことをやることは、金持ちへの近道、と最近考えている。自分も、好きなこと、興味のあることに目を向け、世間の人が「え!?」と驚くようなやり方で金持ちになる。
上司や、陰険ジジィのKが嫉んでもねたみきれない金持ちになるんだ。
すべては大切なひとのために。
今日帰ってくる、ヨメと娘のために。そして、家族や友人のために。

e0261687_15114887.jpg女性のためのお守りブレス あります!
~ファッション雑貨・奇跡を信じて!~




  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-03-28 18:07 | 夫婦

ありがとう一周年!~(100)~

1か月以上あきました。
久々の投稿。
この3月はバタバタでした。
3月4日にヨメと子をむかえに。そして戻ってくるなり大ゲンカ。
この一年間でこちらに言いたくてタマってたことが一気に爆発した。離婚しようとすら思っていたようだ。いろいろあるのでそれをこのブログに書きとめようと思ったが、あまりに多く、あまりにとりとめのがないので、、、はっきり言って文章化できなかった。何度もトライしたのだけど、“超”のつく長文、そしてまとまらず。自分の国語力のなさに自己嫌悪です。
年末ぐらいからヨメのお母さんの具合が悪くなり、この3月中旬に手術を受けたのだが、ヨメと子が戻る直前の一週間ほどは家でほとんど寝たきりの状態に近かった。そんなお母さんの具合に加え、子供が夜ほとんど寝ないのがストレスとして大きくのしかかり、そしてこちらの至らなさ、気付かなかったこと、こちらが言ったはずなのにヨメが聞いてなかったすれ違い、ヨメの誤解・・・、いろいろが重なり、長崎の実家にいる間にこちらに対するイメージを極限まで悪化させていた。正直、ヨメにはかなり辛い思いをさせたなぁ、と反省する。
帰ってきた日にしたケンカの中には、ちょうど一年前、別れるキッカケとなったケンカの話もほじくり返された。

・・・そうだ、あれからちょうど一年なんだ。 このブログをはじめて一年。

いまから思えばあのときも本当につまらないことでケンカになってしまった。“7月危機”も理由や経緯は違うが本質は同じ。ヨメの誤解、こちらの誤解、すれ違い、こちらの思いやりの足らなさ、、、そういうものが重なるとこうなる。

今回、“別れ”は回避できた。心配されたお母さんも、ヨメが3月中旬に長崎にまた戻り、そして手術も無事成功、回復に向かっている。いろいろお母さんにも心配や迷惑をかけたけど、よかった。

いろいろあったけど、よかった、と思ってます。

このブログの最初の方を読み返してみた。

なんかツイッターのようにつぶやいているような書き込みもあれば、何か“思い”をもって書いているのもあれば・・・。

一年前は、良くも悪くも孤独だったな・・・。次の日からどうしようかとか、近い将来どうなろうかとか、そういう“方向性”がなかったし。
今は、良くも悪くも一人じゃない。ヨメが今自分のことをどう考えているか思っているかわからないところは多いが、それでも、「自分は一人じゃない。」と思えるので、上司がいくらパワハラしてきても、隣の席の陰険オヤジKがどんあ嫌がらせをしてきても、以前のように動じることはなくなったし、(大切な人のために)金持ちになりたいとか、自分に“方向性”が出てきたな、と感じている。
ヨメは「イケてない!」と罵倒するが、これでも自分自身は一年前に比べると変わったんだ!

一年、そして、投稿100回。

 駄文の数々、ホント、恥ずかしいのですが、読んでいただいた人に感謝するとともに今後も、自分と大切なすべての人の人生がひとつずつ良くなっていく、そういうログ(=記録)になるように、自分自身をよい方に変えていきこのブログも人生も続けていきたいな、そういう風に思ってます。

e0261687_15114887.jpg女性のためのお守りブレス あります!
~ファッション雑貨・奇跡を信じて!~




  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-03-27 22:33 | 復活愛

覚えていてくれて、ありがとう ~(96)~

2年以上たって先日、2月1日。
親会社の、自分とはほぼかかわりのない部署から、出産のお祝いが送られてきた。
誰だろう?と思って開けてみたら、そのひとだった!

実は自分自身、このお祝いが来るまで、以前に自転車で大コケしていたのを助けたこと自体忘れていた。
まさかと思って、以前のメールの受信記録をずーーーーっと辿って行ってはじめてそれと分かったほど。
それだけに感動!
向こうはたった一回道端で助けられたことをずっと覚えていてくれたんだ!
額の多い少ないではない。でも、1億円もらったぐらい嬉しかった!

・・・2年前に何の気なしにした、たったひとつの親切だった・・・。

・・・どっかの本に、「常にオセロの“白”を置き続けること。そうすれば必ず黒が城にひっくり返り、成幸する・・・。」というようなことが書いてあったな。。。

2年前は厄年まっただ中で、まさに自分は真っ黒だった。そんなときに、ほんとに偶然に通りがかっただけ、そして別に見返りなど思いもせず、純粋に素な気持ちで置いたいわばたった一つの“白”だった。それがこんな形でめぐってくるなんて! 

お礼のメールを送ると、すぐ返ってきた。

「名刺をいただいていたので ご結婚された時とご出産された

 時の 回覧を見て あのお方だわ!!っておもっていました!!

 あの時は ほんとに Factorさんが いらっしゃらなかったら 

 大事な書類を 風に飛ばされて なくして しまって 会社を

 クビになっていたかもしれません(笑)

 とても 感謝していましたので 今回 ほんの気持ちですが

 御祝いさせていただきました!!」


ありがとう。何かお礼を考えなきゃな・・・。

e0261687_15114887.jpg女性のためのお守りブレス あります!
~ファッション雑貨・奇跡を信じて!~


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-02-10 00:07 | 復活愛

やった!出産! ~(88)~

長崎空港からタクシーに乗り、病院へ。大村ボートの前あたりをさしかかったときに携帯が鳴る。誰だろう。なんと、ヨメだ!
「・・・まだぁ?・・・」
「今タクシーの中。もうすぐ着く。もうすぐやからな。頑張るんやぞ。」
「・・・うん・・・」
まだ生まれてない。
昨晩とはまるで違う、蚊の鳴くような弱弱しい声だ。相当な痛みに打ちひしがれている模様・・・。
数分して病院に到着。9時20分過ぎだっただろうか。部屋に駆け付けると、ベッド(分娩台兼用)でヘロヘロになって横になっているヨメ。そしてヨメのお母さん。「診察中なので」と言われ一旦お母さんとともに外に出された。
昨晩からお母さん、一晩中つきっきりだったという。だいぶ眠たそうでしんどそう。
「ほんとに賢いあかちゃん。あなたが来るのを待っててくれたようよ。」と。
診察が終わり、再度中に通してもらった。
「イタイ、イタイ、イタイタイタイタイタイ!」
大声で痛がるヨメ。
陣痛がおさまると、
「ムリムリムリ、痛すぎる・・・。」と少し冷静に。。。
「大丈夫大丈夫、絶対大丈夫!」と声をかけたが、焼け石に水って感じ。
ふたたびまた陣痛。イタイイタイの大合唱!助産師さんが、「ハイ!息をゆっくり吐いて! っフゥーーーッ、フゥーーーッ。」
ヨメ、「フーゥ、ふーーっ。」と声を出すも、あまりの痛さに息をちゃんと吐けていない。
陣痛がおさまってくると、
「ムリムリムリムリ、お母さんわたしムリ。」
腰を指圧したりした。けどやっぱし焼け石に水。でも本人には少しは効いているよう。。。
すぐにまた陣痛が来て、
「アー!イタイタイタイ!」

・・・この繰り返し。壮絶です。

10時過ぎくらい。また診察をするということで、部屋の外へ。お母さんと食堂で朝食を。
お母さん曰く。
「ホントに賢い子よ。予定日ピッタリよ!」
妊娠初期に診断された出産予定日は1月12日。まさに今日この日だった。
「それと、お医者さん、これだったら朝5時頃の出産かな、旦那さん、間に合わないかも、なんて言ってたんだけど、朝方になっても全然まだまだなので、『あ、これ旦那さんを、待ってるんだ。』って。本当に賢い赤ちゃんよ!」
それを聞いたヨメはまた「ムリムリムリムリ!」と連呼していたらしい。
「朝、電話かかってきたでしょ。それ、私がかけさせたのよ。」

なるほど。そういうことでしたか。


朝食を終え、ふたたび分娩室へ。そこへ妹さんもやってきた。中に入るとさっきの絶叫が。「イタイタイタイタイタイ・・・!」 → 「フゥーーー、フゥーーーっ」

再度診察でまた外に出される。

まだ時間がかかる様子なので、お母さんは家族待合室の椅子で少し横に。
それから1時間足らず。また診察ということでいったん外に出され、また中に入ると、いよいよ分娩台がセットされ産み落とす体勢になっていた。お母さん妹さんを呼びに。出産に立ち会うのは2人までということで、妹さんには外で待っていただいた。
絶叫がピークに。
助産師さん:「もう少し!赤ちゃんの頭が見えかけていますんでねー。」
ヨメさん:「もう無理!もうムリ!お母さんもうわたしムリ!」
お母さん:「だいじょうぶ、そんなもんなの。みんなそうなの。」
 こんな会話が何回か繰り返され、一時間強ののち・・・。
 絶叫とともに! 出た!そして同時に産声!
 血と黄色い油でまみれた赤子が取り上げられた!
ヨメ、傍らにいた自分の課をを手でぐしゃぐしゃにしながら泣く。
自分、グシャグシャにされながら、泣く。
涙が、一瞬で知らぬうちに出ていた!

よかった! よくやった!

e0261687_15114887.jpg女性のためのお守りブレス あります!
~ファッション雑貨・奇跡を信じて!~


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-01-17 20:15 | 子育て