タグ:シークワーサー ( 8 ) タグの人気記事

検査結果~(74)~

11月9日。晴れ。

・・・ヨメののどの痛みは、幸いこじれず。よかった(^^)。
しかし、自分のほうの風邪がなおりきらない。ヨメの方はかえって元気。やっぱ2人分の生命力やね。。。

・・・今日は病院の日。

これまでの、胃カメラ、そして大腸カメラ、CTスキャンの結果がしめされる日。
受付を済ませ、緊張の面持ちで待つこと約10分。

自分の番が来た。

中に入ると先生が淡々と話を始める。
「胃カメラでは異常なし、大腸カメラでは・・・、腸壁が分厚いのですが、ガンとは言えません。CTでも異常な所見は見当たりません。」

「・・・大丈夫、ということですか?」

「ええ、一応、そういうことです。」
「前回ここでした血液検査ではCEAは4.7と基準値を下回ってましたし、異常はないということです。。。あとは、このCEAの推移を観察していく必要があります。」

「はぁ。」

「来年1月くらいに、また血液を採って、CEAの値がどうなっているかを見ようと思います。」

・・・ということで・・・、とりあえず、ガンではなかった、というかガンが見つからなかった、というとこか。


よかった。。。ホントに。


ヨメには結局この一連の検査のことは言っていない。けど、とりあえず、それでよかったんじゃないかな。要らぬ心配や不安をかけずに何とか乗り切れそうだしね。。。

ありがとう(^^)。

e0261687_2146522.jpgやんばる産 シークワーサー100% 果汁1.5L
自然豊かな沖縄県大宜味村産のシークワーサーのみを使用した100%果汁!! 1本 4410円!


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2012-11-13 23:14 | 夫婦

あ、上がってる ~(71)~

10月17日。雨。

昨日家に帰ると、人間ドックの診断結果が届いていた。ヨメが風呂に入っている間にあけてみた。注目のCEA値は?!

あ、あがってる。。。

5.8に。
(ちなみに前回は5.3、基準値は5.0)

茫然。そしてプレッシャー。。。

けさ、会社に郵送されてきたものをもってきて、ゆっくり見かえした。

「腫瘍マーカー(CEA)で異常が認められます。この通知書を持参のうえ、専門医の精密検査を受けてください。」

とある。

・・・すごいプレッシャー。

妊娠中のヨメにこんなこと言われへん。。。

屋上にあがり、少し深呼吸してから、「大丈夫、大丈夫、絶対大丈夫。」と3回小声で口ずさみ、席に戻って病院を検索。。。明日とりあえず会社からひと駅のところにある病院に行ってみることにした。

・・・ガンであってほしくない。切にそう願う。不安。人間ドックでは少なくともガンらしいものはみつかっていない。胃が荒れているようなことを言われた。だから胃潰瘍か何かであってほしい。とにかくガンは・・・。

・・・怖いけど、とりあえず、検査をうけて明らかにしよう。このままほっておくのがいちばんいけない。。。

今週末、それと、来週中盤にイベントがある。まず今週末、ヨメが友達と旅行にいく。それから、来週、自分の実家の両親と温泉旅行に行く。
ヨメにうちあけるのは、すくなくともこのイベントが終わってからにしよう。。。

辛い精神状態だが、

「大丈夫、大丈夫、絶対大丈夫!」


e0261687_2146522.jpgやんばる産 シークワーサー100% 果汁1.5L
自然豊かな沖縄県大宜味村産のシークワーサーのみを使用した100%果汁!! 1本 4410円!


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2012-10-18 09:07 | 夫婦

激論、ふたたび 第2R ~(66)~

・・・ヨメがもどってきて、テレビを見始めた。

・・・自分はボーっとしたまま。

・・・考えていた・・・、そんなに金にセコいイメージがあったのか!!
カネの使い道にイチイチ口出ししたり、、、結婚式のお金出してやった、とか・・・。
自分はそんなこと何も思ってなかったのに・・・。

 とはいえしかし、自分の日頃の行いが、彼女にそういうイメージを植え付けていたのだろうな・・・。
 車は彼女がお金を全部出す予定に今なっている。。。
 元はといえば去年、車の購入を見送ることになった、あの紆余曲折がある。

 あのときに、彼女には、自分が車にはビタ一文出さないイメージがついてしまったのだろう。

 ・・・どうするか・・・、考えていた。

 ・・・カネに対してセコいというイメージだけでも払拭したい!

 ・・・そうだ、オレ、ガンかもしれないんだ。。。カネなんか(そんなにありませんが^^)持っていてもしょうがないかもな。。。

  ならば!

 テレビを見ているヨメにテレビを消させ、再度。 第2ラウンド開始。

私:「どうする?これから?」
ヨメ:「どうするって?」
私:「離婚するとか、夫婦続行するとか。」
ヨメ:「続行するのは難しいと思う。」
私:「そうやなぁ。難しいと俺も思うわ!」
私:「難しいか、難しくないか、じゃなくって、、、別れるか別れないか、アナタがどっちで考えているのかを聞きたいの。」
ヨメ:「・・・。」
私:「オレは別れたくないし。」
ヨメ:「でも、このままツライ生活を無理して続けることに意味があるの? それだったら見切りを早くつけたほうがいいかもしれないし。。。」

私:「じゃぁ、そうする?たった一ヶ月で離婚か?」
ヨメ:「お祝いをもらった友達とかには、残念な報告しなくちゃならないけど・・・。」
私:「お母さんにも残念な報告になるよな。」
ヨメ:「母は、もう離婚するならかまわないよ、と言ってくれてる。」
私:「そうかもしれないけど、お母さんはアナタのことを思ってそう言ってくれてるだけで、何もそんな残念な結果を望んでるわけではないやろ?」
ヨメ:「けど、こんなに仲が悪いんじゃ、やっていけないと思う。」
私:「やっていけないと思う、だからやめました、それでええん?お母さん、それで納得する?少なくともオレの親は納得せーへんと思うわ。」
私:「ここまでやりました。努力もしました。でもダメでした。だから別れます。それだったら納得してもらえるかもな。けど、そこまでいってへんやん!」
私:「別れるとかは、やるだけのことをやってからにしようぜ!」
私:「難しいと思うわ、俺も。仲が悪い夫婦やねん。仲が悪いなりにやらなしゃーないやろな。仲がいい夫婦やったら、あうんの呼吸で、何も言わんでもわかりあえると思うけど、俺達はそうじゃないねん。だから、もっとお互い言わな伝わらん。オレは続けたいねん!好きで結婚したんやから。」

私:「それと・・・、車のお金、俺が出す。ていうか、出さしてくれ。お願いします。」
ヨメ:「ちがう!車のお金、出してくれなんて、言ってないやん!」
私:「車のお金、出さんなんて、おれもいっぺんも言ったことないのに、セコイとか、そういうふうになってるやろ?いややねん。結婚式のお金もそうや。オレのほうが多くだしたった、なんて、そんなの思ってないし!」
私:「でも、ごめんな。」

(「得たくばまず先に与えよ」、どっかにそんなフレーズがあったなぁ・・・)

ヨメ:「なんで?!」
私:「いままでのオレが、カネにセコイってアナタに思わせてたんやろ? だからそれが、ごめん。」
私:「それと、アナタ、日頃から言ってたやろ。人間いつ死ぬかわからんから、お金なんて、貯めずに使ったほうがいいって・・・。オレもいつ死ぬかわからんし、、、」
私:「だすよ。。。アナタが選んだ車や。いいのを選んだんやろ。駐車場、どっちにしたん?マンションに近いほう?」
ヨメ:半泣きで、「うん。。。」
私:「そっか。。。そっちのほうが、おれもええと思ってた。賛成やわ。」
私:「・・・ごめんな。」
ヨメ、泣き出した。
私、そっと肩に手をやり、「ごめんな・・・。」

第2ラウンド終了・・・。

離婚・別居の危機は回避された。

ありがとう。。。


e0261687_2146522.jpgやんばる産 シークワーサー100% 果汁1.5L
自然豊かな沖縄県大宜味村産のシークワーサーのみを使用した100%果汁!! 1本 4410円!


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2012-08-13 09:42 | 夫婦

激論、ふたたび 第1R~(65)~

晩の9時前。 起きてきた。
食事を少々、、、すませたところで、、、ヨメ、
「さ、はなし、しましょうか。」

ここから、去年と同じ話(~紆余曲折~シリーズ参照^^)がさらにパワーアップして展開! 一言目は、

「むつかしいと思う。」


ヨメ:「あなたと続けていくのは、むつかしいと思う。」
ヨメ:「だって、価値観があまりにも違いすぎるもん!」

ヨメ:「ここは、あたしのウチよ!そこにあなたが転がり込んできたんじゃない。新しいところに引っ越すのをケチって・・・!」

私:「ケチったとかじゃない!とりあえずここに一緒に住んで、それからゆっくり新しい住まいを探せば、って言ってるんだ。」

ヨメ:「じゃぁ、一度でも住むとこ探しに行った?去年から一緒に住もうってなったときから一度も行ってないじゃない。」
ヨメ:「行く行くとか言っといて、全然行動をおこさないから、この人相当カネにセコいんだなって思ってた。」
ヨメ:「結婚式のお金だって、アナタが6割出したでしょ。オレはこんなに出したった!って後々まで言われるのがイヤなのよ。」
私:「いつ言った!?そんなの?」
ヨメ:「言ってないけど、どうせそう思ってるんでしょ!」
ヨメ:「私が、月10万ずつ出し合って、それを生活にあてていきましょ、って提案したの、なぜだかわかる?」
ヨメ:「とにかくカネにセコいから、サイフを全部一緒にしちゃったら、お金の使い方にあれこれ口出しされるから、それが絶対イヤだったの。」
私:「口出しなんかせーへんやん!」

ヨメ:「とにかく無理と思う。価値観が違いすぎるし。結婚する前から離婚するかもって思ってた。もう無理無理に一緒に暮らすより、はやく割り切って離婚した方がいいと思ってる。子供だっていまならやめられるしね。」

・・・言い放つだけ言い放って、ヨメは一旦席を離れた。第1R終了。

 なんてことを言うんだ・・・!


・・・しばらく自分はその場に座ってボーっとしていた。

e0261687_2146522.jpgやんばる産 シークワーサー100% 果汁1.5L
自然豊かな沖縄県大宜味村産のシークワーサーのみを使用した100%果汁!! 1本 4410円!


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2012-08-08 22:51 | 夫婦

紆余曲折 ~その3~

4日後、彼女の家に置いていた自分の品物や着替えを受け取るため、彼女の家近くの喫茶店に待ち合わせた。(午後3時くらいだったかな。)
もうなにも話すことがなければ駅かどこかで待ち合わせてそのまま受け渡してさよなら、でよかったと思うのだけど、先日の話の場で、彼女があまりに一方的にまくしたてたのでこちらが何も聞けずに終わっていたので、最後に2,3聞いておこうと思ったので、喫茶店で話をもつことにした。

そのおかげで、このときは、ギリギリ、別れずに済んだ。

「車とオレ、もし仮に一つしか取れないとしたら、どっちを取る?」
みたいな話をふったと思う。。。
車! と言ってくれればそれでふんぎりがつくと思ったからだ。
しかし、「車と人なんか比べられへん。」と、答えにならない答え。
「だから、もし仮に、、って言ってるやん・・・。」
ここからまた不毛な言い合いが始まった。  2時間。
しかし、彼女の様子が先日とはなにか違って感じた。

・・・ネックレス・・・

先日はつけていなかったネックレスをつけている。

・・・本当は別れたくないのではないか。

さすがに2時間もたつとその喫茶店にはいづらくなり、駅の方に行ったところの飲み屋に入り、第2ラウンド。ここでも3時間くらい
もうそろそろ話も尽きたかな、というころ、彼女が歩み寄ってきた。
「どうするの? 今日でホントにもう終わりやね?」
みたいなことを聞かれたと思う。

つらい。

本当にこの日でもう終わりと思うと、辛かった。辛い表情をしていると、

「フン、決めきれへんの? もういいわ、私帰るし。出よ。」

店を出た。彼女は家の方へ、自分は駅の方へお互い背を向けて歩き出した。
・・・、これで自分が電車に乗っておうちへ帰れば、それでもうおわり・・・。

天をあおいだ。

『一番大事なものは、何か?』

「あいつだ。」

向きを変えて走って彼女に追いかけた・・・。

・・・こうして・・・、

仲直りに至った・・・。


以来、車を買う話は彼女はほとんどしなかった。

しかし、車の話を通してお互いの「価値観の違い」や「すれ違い」が表面化して一気に修羅場にまでなってしまう・・・。


今回も、同じ展開だった。

けど、今回は結婚してしまってるからなぁ~。下手に別れるなんて・・・しかし、彼女はもう、別れることを考えているかもなぁ・・・。

e0261687_2146522.jpgやんばる産 シークワーサー100% 果汁1.5L
自然豊かな沖縄県大宜味村産のシークワーサーのみを使用した100%果汁!! 1本 4410円!


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2012-07-30 18:52 | 復活愛

紆余曲折~(その2)~

話は戻って去年の夏の車の話。7月31日に決裂して以来、一週間ほど会わなかったが、会って話をしようということになった。 別れ話だ。8月の9日だったかな。
梅田、東通りの適当なお店に。店に入るなり彼女がまくしたてる展開。彼女の悪い部分が出ていた。人の話を全く聞こうとしない。こちらが意見を言い始めてもすぐにそれをさえぎり自分の話をはじめる。一通り彼女の話が終わったところでこちらが話をはじめると、5秒も聞かぬうちにまたさえぎる、という展開が続く。話の途中に気づいたが、2週間ほど前の誕生日に買ってあげたネックレス。いつも毎日つけていたのに、今日はつけていない。
直感的に「あ、もう、切れてるな。」と思った。

えんえんと3時間近く揉め話が続き、遅くなったので切り上げ。これ以上は続けられない、別れるということだけはわかった。
梅田駅までの道の途中、持っていた黄色い大きな袋を彼女は自分に渡そうとする。

カバンだ。ビジネスバッグ。

別れ際にプレゼント!? なに考えてるんだ! 

なぜか強引に渡そうとして来る彼女を振り払うように断り、そのまま別れて駅へ向かった。

お別れにもらったビジネスバッグを毎日通勤に使いますか?!そんな餞別の品をわざわざ買い物したのか。バカにされてるとしか思えない。悔しくて悲しくてその日はほとんど寝ることができなかった。翌8月10日。眠れなかったせいで体調が悪く、夏バテも重なり、仕事にならなかった。翌11日、あまりにしんどいため会社を休んだ。

・・・あとで聞いたら、餞別にわざわざ買ったのではなく、ずっと以前から買っていて誕生日か何かの日にわたそうと思っていたものだそうだ。しかし、それにしてもあのタイミングで渡そうだなんて、普通は考えんよな~・・・。

e0261687_2146522.jpgやんばる産 シークワーサー100% 果汁1.5L
自然豊かな沖縄県大宜味村産のシークワーサーのみを使用した100%果汁!! 1本 4410円!


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2012-07-26 00:26 | 夫婦

そういうわけで・・・ ~(62)~

7月24日。曇り。

昨日の晩は、悩んだ。明日からどうたちまわろうか? いや、そもそも今夜帰る?あちこちほっつき歩きながら悩んだ末、結局、晩の22:30頃に帰った。ヨメは寝ていた。ふて寝やな・・・。
そして今朝、昨日の朝にひきつづき、ほぼ会話なし!昨日の朝は自分の朝めしだけさっさと作って食べて先に仕事に出て行ってしまった。今朝はさすがに朝めしは作ってくれた。しかし本意ではない様子。無言で出て行った。

・・・長引きそうだ・・・。

昨夜から考えていたことがある。

『冷却期間』をおくのだ。

3月に別れを告げられたときのように、「復縁プログラム」にならい、距離をおくこと。連絡をあえて封印する期間をおくこと。

ぶっちゃけていえば家出だ(^^)。

家にいるとき、一人になる時間がない。これはこれまでと大きく変わった点だ。お互い一人で考える時間を持つという点でも、あえて必要かなと。。。

しかし、勇気が要る。

本当にいいのか? 出て行けと言われたわけではないのに敢えてこちらから出て行く必要はあるのか? 出たはいいが、戻るキッカケを失うのがオチなのでは?? それがこわい。

しかし、このままでは、「単にルームシェアをしているだけの中年の男女」になってしまう。

そんなのいやだ。

意を決して、出てみよう。そのあとのことはあとで考えよう。

e0261687_2146522.jpgやんばる産 シークワーサー100% 果汁1.5L
自然豊かな沖縄県大宜味村産のシークワーサーのみを使用した100%果汁!! 1本 4410円!


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2012-07-25 08:19 | 夫婦

紆余曲折~(その1)~

実は、“車”には紆余曲折ある。結婚の一年前に“車”で一度は別れの危機にまで発展していたのです。結局別れるまではいかなかったが、やはり後におおきな禍根を残した。

初めて出会ったのは一昨年の11月。付き合いが深まり出したのは翌年初めごろ、つまり去年から。春頃には一緒に住もうというはなしもしていて、休みの人かを使ってあちこち不動産屋を見て回って夏ぐらいに決めようよ、という方向でいってたはずなのだが、その頃くらいから車が欲しいと言い始めた。気持ちはわからないでもないが、一緒に住むところを探すのが先なんじゃ?と思っていた。こちらも一緒に住む場所をはやく決めにかからなかったのも悪かったのだろうけど、7月頃になると車にばっかり気が行ってしまっていたので仕方なくホンダのディーラーへ。ひととおり説明をうけて家に戻ってきた時には彼女はもう買う気マンマンだった。ほとんど何も考慮せず選びもせずに即決しちゃおうとする彼女に対し、「あの機能はこっちのほうがいいんとちゃう?この機能はいらんとおもうしどう?」、「それからやっぱ広い方のSHUTTLEの方がいいんとちゃうの?」など、車をもっと2人の希望を盛り込んで一緒に慎重に選ぼうよ、という向きの会話を振った。。。そのつもりが、なぜか彼女はネガティブに受け止め、「あなたは車を買いたいと思ってない!なんでそんなに買うのを止めようとばかりするの!?」と激怒。「いや、そうじゃない。ポンと決めちゃうんじゃなくて、もっとクルマ選びを楽しむっていうか・・・。」 「あなたは金にセコイ!私が全額出すからって言ってるじゃないの!」 「金を出さないとは言ってないし、そんなに車が欲しいなら仕方ないし買うななんて言わないし・・・。」 「もう言わないで!」
「ていうかさぁ。優先度があると思うんだ。なんで今車なの?一緒に住む場所探すのが先なんじゃないの?」 「住む場所だって、アナタ、全然決めへんやん!」 「いや、一緒に選んで回ろうよって・・・。」 「もういい!ここはアタシのうちなんだから、鍵も返して!」    しぶしぶ鍵を返した。
かなりのフラストレーション。「オレよりもクルマをとるんかい。てゆうか、オレを追い出してでも車が欲しいのか!?」そんな思いを抱えたままだまってしばらくは座っていたが、耐えかねて、「今日は(泊まるつもりだったけど)帰るね。」と。

泣き出した。

これでお別れになっちゃうと思ったからだろう。それと、「全額自分が出すと言っているのに何故止められなきゃならないのか」、彼女としては全く理解できなかったのだろう。
「何でやのん!!」と悔しがっていた。

ラチがあかなかった。・・・彼女の家をあとにした。もう来ることはないだろうな、と寂しさを抱えつつ・・・。去年の7月の31日のことだったと思う


e0261687_2146522.jpgやんばる産 シークワーサー100% 果汁1.5L
自然豊かな沖縄県大宜味村産のシークワーサーのみを使用した100%果汁!! 1本 4410円!


にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2012-07-24 21:54 | 夫婦