カテゴリ:パワハラ( 14 )

毎日がヒマ!でもやることがいっぱいあるw ~(143)~

あのアホ部長とはこれまで、2度人事面談をした。
その中では、私の至らなさをしっかり見抜いて指摘した部分も
実はある。そこは、真摯にこちらも受け止めるのだけれども・・・。

いつまで、“蟄居(ちっきょ)”していればいいの?

仕事を一切与えずに座らせ続ければそのうち辞めるだろうなどと
考えているようだ。・・・それはブラック企業のやることだよ。
わかってる?

労基署にタレ込まれたら、かなりややこしいことになる、
というリスクを全く理解していないらしい・・・。
そこがアホ過ぎる。アホ過ぎブラック企業だ。

だけど、考えようによってはパラダイスだ。
会社はこっちをクビにはできない。
しかも、仕事も与えないというのだから!

(わずかばかりの)給料をもらいながら、フリータイム!
というわけ。
やることはいろいろある。

このブログの原稿を書くことも、
アフィリエイトの文章を考えるのも
データ整理?をするのも!

新しい仕事について考えることも出来るし、
投資や技術、その他いろいろな雑学についても、
知見を広めることが出来る。

“こいつら”とは全く別の世界を構築するための時間として
全て使える!ということだ!

いつだったかの記事で、書いたかも・・・。
「人助け」というキーワードで、よく、いろいろ考えるようになった。

もっと、「人助け」ということを、純心に考え、行動できる、
そんな仕事について考えよう・・・。
その皮切りとしての、アフィリエイトを取り組んでみよう。

今、そんなことを考え、アフィリエイトの文章もパシパシと
タイピングしているところだ・・・。
[PR]

by factor-sangyou | 2014-08-27 16:00 | パワハラ

風向きが・流れが、どうなってるんだ?~(142)~

2014年8月20日。前回の投稿以来半年以上更新しませんでした。
申しわけない・・・。

さて、あれ以来どうなったか、というと・・・。

ポンスケはいまだに職場に居座り続けている・・・。
3月にはポンスケ、上司である部長に辞意を表明したらしい。
しかい、なんと!その部長がひきとめるという、ありえない事態が!

結果、ポンスケは、一戦は退いたものの、“調査役”?として
職場に居座り続けることに・・・。

次長のイスを自分を支持する後任の“ウエポン”
というおっさんにゆずり、いわば“院政”を敷くこととなった。
どうなってるんだ!?

どうなってるんだ!と言いたいのは、ポンスケでもウエポンでもなく、
その上の部長だ!去年、いわゆる“渡り”で着任したこの部長、
想像以上にアホだな・・・。この人事異動には、あきれた!

全て最終決済は、この部長さんだ。

ウエポンは、こう言うのも申し訳ないのだけど、ポンスケ以上に
マネジメント能力に関してはない。しかも、実務能力についても、
口で評論ばっかりで、自分では動かない、できない。

それはこの部長さんも1年間見てきているのでわかっているはずなのに
どうして?! わざわざ2段階昇格させてまで・・・。
狂っているとしかいいようがない。他に人選はあったはずなのに。

しかも、音をとうとうあげて「辞める」と言ったポンスケまで、
わざわざ調査役に昇格させて引き留めるとは・・・!
アホ過ぎる! 会社をつぶすつもりか!

そして、私はというと、当然据え置き。ボーナスは減らされ、
席は端っこの方へ変えられ隔離。いつでも辞めてくださいよ、とばかり。

部長は、結局、ポンスケの考えを支持している、というわけだ。
残念にもほどがある・・・。
[PR]

by factor-sangyou | 2014-08-27 00:01 | パワハラ

風向きが・流れが・・・2~(141)~

12月24日。曇り。
あれから、12月1週目と2週目にベッタリと出張が入った。下請けさんとともに現地調査。その中の2,3日はS君も合流。朝現地に向かう車の中でS君いわく、
「N次長は、もう、来年はずされるようですよ。N次長がまわりから総スカンになっている実態を部長がやっと理解して、来年のN次長が抜けた後の体制をいま考えているらしいです。」

よっしゃ!

この話がもし本当なら、ガッツポーズだ!

もうあと半年もすればポンスケN次長が職場から姿を消す!

思っていた通りだ!「流れ」が少しずつ確実にこちらに向いてきているようだ。

出張明けの先週。ポンスケの方をみてみると、確かになんとなく顔色が無いように見えた。ヤル気もなさそうだし、部長に対して必要以上にへつらっているようにも見える。部長から“何か”を言い渡されたのは確かなようだ。

さぁ、倍返し、いや10倍返しのときがきた!
  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-12-27 13:48 | パワハラ

風向きが・流れが・・・1~(140)~

11月26日。晴れ時々曇り。
朝、9:05。左隣の席の若手Sとともに、ポンスケに呼ばれた。前の日に少し耳にしていたが、こちらに仕事をまわすという話だ。
2週間前には、部長から「お前に仕事をまわしていない理由、わかっとんのか!!」と罵声を浴びたところなので、当分仕事は回ってこず、椅子に座り続ける生活が続くと思っていたのだが、、、S君の業務量が増え、回りきらなくなったようだ。それでもポンスケは私へは仕事をまわすまいと粘っていたのだが、S君の仕事をサポートしている周囲のうちの一人が部長に対して、敢えてポンスケのみているところで、キレたそうだ。
「○○さん(←私)以外みんなもう一杯一杯で回りません!!どうにかしてください!!」ぐらいのことを直訴した様だ。
部長はポンスケを呼び出し、ポンスケはしぶしぶ私を使うことになった。

10分足らずの打ち合わせの末、同席していた部長がひとこと。
「1度もチャンスを与えずに、というのも酷なので。それから、あなたにもいろいろ思いはあると思うが、あなたは下の立場なんだから、それを意識するように。。。」
こちらの思いを全く汲み取ろうとしなかった部長が、だいぶ変化してきたようにも見える。ポンスケはあいかわらずポーカーフェイス。私に仕事をまわさざるを得ないことを当然不快に思っている。また以前のように必要な情報を故意に伝えないなどの嫌がらせをはたらくかもしれないが、部長の考えや思いが今後徐々に私寄りになればなるほど、黙り込むしかなくなるだろう。そして、おのずとこの職場を出ていくことになる。
気にせず、いま与えられた仕事をこなすことに集中しよう。

“流れ”は必ず変わってくる。“奇跡”を信じて。

  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-12-26 12:47 | パワハラ

一方で・・・~(139)~

堪えよう、堪えよう、と思っている一方で・・・、

今はネット社会、いろんな生き方、お金の稼ぎ方が実現できる、もう、この職は離れた方が・・・、と後ろから囁く自分もいる。

そのまた一方で、この3年くらい、仕事面では本当に、くすぶっていた。今一度思い切り仕事をしたい。昔は、前の会社に入って若手と言われたころは、どんなにしんどくても、どんなに理不尽でも、文句を言うのはその仕事をやりきった後で言おう、と前向きだった。それが、いつしか後ろ向きになってしまっていた自分がいることも、感じていて、自分に対してふがいないなと思ってもいる・・・。

そもそも、ポンスケごときの誹謗中傷、Kごときが流す風評を、気にしてガタガタ言っていた自分もふがいない。小さい!
そんなもん、気にせず、無心で打ち込めないのかと・・・。そんな風にも感じる。

ポンスケ、Kは別として、こんな自分のふがいなさゆえに職場のみんなにも迷惑をかけたと。申し訳ないなと思っている。
 だから、今回は、あの部長さんの“判断”をあまんじて受けようと思っている。ミソもクソも一緒にされ、必ずしも正しい情報が部長さんには伝わっていない現状だが、敢えて・・・。

一方で、今はネット社会だ。不本意ながら最悪の場合クビになった時に収入がゼロ、ということがないよう、バックアップを構築しておこうと考える。結果としてクビにならなくても、何らかのネットビジネスは個人として営む必要のある時代かな、と遅まきながら感じている。

そしてまたまた一方で、自分は本当はそもそもどんな仕事がしたかったのか、それを、悩んでいる。それを考えている。
今は鉄道関係の仕事をしている。ある鉄道会社傘下のグループ企業の社員だ。鉄道マニアではないが、鉄道というシステムに興味をもち、この業界に入ってきた。
正直、失敗だったな、と思っている。

何が?

鉄道というジャンルを、そしてこの企業(グループ)を選んだこと、ではない。

就職先や仕事先を考える際に、「自分がどんな働き方をしたいか」をよく考えていなかったことだ。情けないことと思う。どんなジャンルで働くかということばかり考え、肝心なことをあまり意識していなかった。

「人助け起業」という本をこの1か月ほどで読んだ。

別に起業するつもりはないのだが、「人助け」というキーワードが心に引っかかった。

この本は、自分が持つノウハウを起業につなげるにはどのようにするか、というノウハウを説いた本だ。実際的かつ現実的に書かれているので参考になる。特に前半部分は起業しない人たちにとっても共感できる内容だった。
「仕事には、人助けの要素が入ってないと、その価値は認められない。」
「はじめは人助けを主眼においてやっていたビジネスも、儲かり始めるといつしか儲けに走り、人助けの要素を忘れがちになる。するとやがてすぐに暗転し、そのビジネスは顧客を奪われ衰退の一途をたどる。」
など、「純粋に、人を助けたい、という気持ちが大事。」と説いていた。
まったくそのとおりだな、と思った。

いまの自分の仕事・・・、人の助けになっているのか?

そう自問した時に、心のうちから悲しい答えが返ってきた。

「否」

親会社や、傲慢かつわがままな客、そして、ポンスケに翻弄されているだけなのだ。

いや、自分がした仕事がどこかの線路の、何かに寄与しているかもしれない。しかし、少なくともそれを感じることが出来ない状況なのだ。

周りや、社内でやっている別の仕事や別の部門の仕事についても、(当然ポンスケの仕事の回し方についても) ずっと以前から疑問を感じていた。「何かが足りない。」と。
仕事のための仕事をつくって、動いているだけで、世の中に寄与するとか、誰かの助けになるとか、そういう意識がないか薄い、という感じだ。

「人助け」というキーワードに引っかかったときにはっきりわかった。

そしてその時に、「別にジャンルなんて関係ないんだ」と。

人を助け、感謝され、自分も感謝し、また人を助ける。そして自分もまた助けてもらう・・・、そういう、人として当たり前の、そして大事なサイクルを回すことが出来ていない。自分も、そして今自分が所属している会社も。ひいていえば社会もそうなのでは?不景気の原因って要するにそういうことなんじゃないか?

・・・仕事をめぐる今の自分の現状・・・。当然望んでこうなったわけではないが・・・、もう、「ごめんなさい」と言ってすべて清算したい気持ちになった。

一方で、どんなジャンルでもいいから自分にできる人助けはないか、そんなチャレンジが出来る場として、ネットビジネスをこれまで以上に真剣に考えるようになった。

キーワードは「人助け」

単にモノを売るだけでもいい。それを買った人が喜べばそれで。

 もっと、仕事というものを、単純に、人や世の中にほんのわずかでいいいから貢献するものとして考えられるようにしよう。

一方で、いま、そんな風な思いでいる。
  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-11-13 23:27 | パワハラ

胃が痛い・・・~(138)~

11月11日(月)。曇り時々しぐれ。
どうも、数日前から体調がよくない。先週金曜日の朝には原因不明の胃痛。胃腸薬を飲んで何とかなったが、体のだるさがとれない。昨日の日曜日は、夕方4時過ぎからソファで眠りこけてしまった。何かしているわけでもないのに疲れている。夜は夜でイビキが相当にうるさかったらしく、ヨメに言われた。何か疲れている。今も。若干心拍数が高いかも。先週からの胃痛はおさまっているが、本調子じゃない・・・。
精神的なものかも。。。
心当たりはある。実は11月初旬から、ポンスケ次長の上司である部長から呼び出され、罵倒の数々を浴びている。
この部長さん、今年6月に別の会社からやってきて着任。これまでの経緯やポンスケの卑劣な人間性を知らない。
一番危惧していたことではあるが、ポンスケからあることないこと吹き込まれてしまったようだ。
お前は仕事をしようとしない、指示待ち、謙虚さがない、理由をつけて仕事を遅らす、、、“ほかの仲間”がこんなことやあんなことをお前からされたと言っている!、、、などなど。

“ほかの仲間”?? 陰険オヤジKかな、、、理由をつけて仕事を遅らすなんてしたことがない。ただ、、、遅れてしまった仕事はある。それについて「このように処理する・進める。」と報告したが、その報告をポンスケは自分の都合のいいようにネジ曲げているようだ。他にもネジ曲げて報告していることが多くある模様。

自分の非は認めるし、「申し訳ないです。」とその場でも謝ったが、「お前、これもしただろ!あれもしただろ!」と身に覚えのなきことも。

「え!?」

という顔をすると、「とぼけるな!」

何を言われても頭を下げるしかない状況。。。
・・・この部長さん、悪い人ではない。むしろ、いい人なのだ。体質の悪化したこの会社にはかなり珍しいと言える、正直なハートの持ち主だ。今まで歴代の部長にはないハート。もっと早く出会いたかった。
この5か月程度の短い期間に私の欠点も見抜いて指摘するほどの頭の良さ。京大かどこかを出ているようだが・・・、だが、ポンスケのウソは見抜けないようだ。
この人なら、一方を聞いて沙汰するような人ではないと、自分に対しても切り込んでくる代わりにポンスケのウソもしっかり見抜くことだろうと期待していたのになぁ・・・。
残念だ。今のところ、非常に雲行きが怪しい。
配転、左遷、出向、、、私の言い分がひとつも認められないまま何らかの沙汰が下る可能性が大きくなった。
それでも、やめるつもりはない。(へき地に飛ばされたら考えるが)

何もかもがお手盛りで、社員に対して平等な扱いを何一つしてこなかった会社だ。自分への沙汰も含め、どのようになっていくか、見届けようと思う。それと、会社側が辞めろと言ってきたら仕方ないが自ら辞めると言えば、ポンスケらに対して負けを認めたことにもなる。どんな形でも会社に残れば、負けではない。いずれポンスケらは退職していく。
それまでジッと我慢しておけばいい。

今日は変な天気だ。けど、屋上に出ると、虹がかかっていた。
人生、雲行きが悪い時も晴天のときもある。いづれ、自分にも虹がかかるときがくる。
堪えよう。味噌もクソもなすり付けられている現状だが、堪えよう。
  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-11-13 07:40 | パワハラ

ポンスケのしょぼい報復~(137)~

 10月22日。曇り。
 17:00、7月に新たに総務の次長になった方から会議室に呼び出された。そこにはポンスケ次長もいた。3人で面談だ。何かと思うと(というか大体予想はついていたが)、「あなたについて、セクハラの申告が最近あった。」と。
 また、6月のS社員か? いや、話を聞いてみるとそうではなかった。次長さんいわく、「アシスタント社員のA子さんなんだけどね・・・、彼女がいうには、廊下などのすれ違いざまに、あなたが自分の肩を叩くっていうんだ。」
まただ。6月に続いて意味の分からない申告。困ったもんだ。6月と同じく、「注意します、善処しますので。」と答えた。自分で自分の肩を叩くのがなぜセクハラになるのか。それをマジメにセクハラだと言ってくる会社も会社、A子もA子だ。このA子という女性、4年まえに自分の職場にいて、こちらに対して異常な偏見と嫌悪感をもっていることは日頃からよく感じていた。だからこちらもイヤだな、と思っていた。3年前には今日と同じような内容でセクハラ申告。その時は「廊下などを歩いているときのあなたの仕草に不快感を覚える」という申告内容。あまりにファジィでぼんやりした内容。そのときもポンスケは躍起になって「おまえ!やっただろ!やったって言え!!」と罵声。こちらは最後まで首を縦に振らなかった一幕がある。もちろん、私は廊下を歩くとき、セクハラと言われるようなことはせず普通に歩いている。いいがかりだった。
今回もいいがかりだ。しかし、申告内容が今度は、あの6月のS社員の内容と酷似している。というか、ほぼ同じだ。
なぜだろう・・・

分かった。

ポンスケとA子はつながっている。3年前も、あの一幕の直前に、給湯室で2人でひそひそ話をしているのを見かけた。今回もポンスケがA子に入れ知恵をしたようだ。シッポがつかめないのが腹立たしい。

ポンスケは総務の新次長にも何か“吹き込んでいる”ようだし。本当に卑劣だ!こちらを陥れるためなら何だってやるコイツは本当に人間のクズだ!必ず追い出し、必ず職場を浄化する。

しかし、すでにポンスケが重ねたウソの数が相当になっている。ウソがひとつでもばれれば、そこがほころびとなって、いづれ一気にシッポを出すことになる。その日ももうそんなに遠くはない。
ポンスケは必ず自滅する。

帰宅。

ヨメの機嫌が少し戻ったようで、話しかけてきた。「今日、子育て支援センターに行ってきた。4歳の男の子がボカボカぶつかってきて、めっちゃ大変やった!ミカちゃんの暴れぶりなんて、ヘみたいなもんと思ったわ(笑)。」

とりあえず、よかった。

  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-10-26 23:07 | パワハラ

信じられないほど、事がうまくはこぶ・2~(119)~

「わかった。以前のように仕事をしてくれるのか。それなら仕事を渡す。」

と上司は明言した。しかし上司の顔はわなついていた。こちらのパワハラ申告を受け、6月6日ごろに会社側からこの上司Nに“指導”が一本入ったようだ。会社からのワンパンチにつづき、部下からも“謝罪”という名の返しの一発を浴びる形に。

謝罪した部下を悪く言いふらすことはもうできない。こちらは夫婦関係をよくするために、3人で幸せに暮らすために、一心で頭を下げただけ。しかし、それが今度は上司Nを不利な立ち位置に追いやる結果に。

部下は謝罪 → 上司は仕事を渡すと明言

これでも上司Nが仕事をこちらに一切与えずパワハラを続けるようなら、非は上司のみにある。再度ガチで申告すればいいし、その時には組合にも力を借りればいい。上司Nを叩き潰す大義名分が出来るというわけだ。
8月3日の今日になっても上司Nは仕事をこちらに与えてこようという様子はない。「仕事はありませんか?」と伺いにも行ったが、お茶を濁すだけ。声が小さく、うろたえているようにも見える。
盆が明ければ2か月がたつ。盆が明ければまた伺いに上がろう。一歩一歩じんわりと間合いを詰めにかかるんだ。。。

一方、夫婦関係の方は、その日から回復傾向。うまく言えないが以前とは配慮するポイントを変えたというか。。。ヨメの“特性”が遅まきながらなんとなく見えてきた。ルーチンワークだと大量であってもこなす。しかし、旅行、引っ越し、大きな買い物など、“変化の場”とでもいおうか、そういう場面でテンパる、というか余裕がなくなる感じだなぁ。
こちらの方が気持ちに余裕をもって、話を聞く姿勢をもつとか、あとは気が付いた時だけでも、少し気を使うというか配慮するというか。「復縁プログラム」でいうところの、自分の内面を変える作業だ。
ヨメも少し理解してくれたのか、7月には以前のように和やかな感じになっていった。ありがたい。

いまは長崎の実家のお母さんの具合がよくなく一次帰省している。
むこうからメールが来た。
「ミカちゃん、今日は哺乳瓶の麦茶を少し飲めるようになりました!」
やったね。ありがとう。
m.jpg【海外ビール】グロールシュ・プレミアムラガー 缶 24本 1ケース
販売価格: 5,330円 (税込)!




  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-08-06 07:19 | パワハラ

これからが、戦 ~(116)~

6月7日(金)。晴れ。
ポンスケNの上にあたる部長と面談。とはいっても今後の希望や達成レベルなどをみる定期的な面談だ。ちなみにこの部長もこの6月に退任し別の会社へ行く。
事前に5月に書いていた面談表には、ポンスケNによるパワハラのため仕事に必要な情報を意図的に与えられなかったことを書いておいた。さらに最後の目標欄に、「仕事を全く私に与えようとしない、風説を流布するなど、いやがらせのひどい上司についていろいろ不満はあるが、上司云々ではなく、今後も自己研鑽に励み、いかなる仕事もクリアできる技術力の獲得に努める。」としめていた。
さぁ、クサイものにフタをするように「この記述を書き換えろ」と言ってくるかどうするか、この部長の出方をみると、、、そこにはふれず、お茶を濁す面談。。。かと思うと、差後の最後にひとこと。「ま、、、あなたにもいろいろ仕事をやってもらわなきゃならない。。。あなたの上司にもよく指導しておくからさ。」と。
ポンスケNに「指導」が一本入った形だ。
ホントはバッサリとクビにしてほしかったが。
しかしこれで、1塁にいるランナーを2塁に進めることだけはできた。次またパワハラを仕掛けてきたならば、「指導が入ったにもかかわらず・・・。」ということになり、Nは窮地に追いやられる。それでいい。
しかし、あの根性の悪いポンスケNがそんなはずがない。こんどはもっと見えにくい形で陰湿なパワハラを仕掛けてくるだろう。
今後、どう対処するか、難しくなるかもな・・・。
とりあえず、くさびを入れることはできた。よかった。
組合にもメールを入れておいた。
「今日、S部長と人材育成トレースの面談がありました。この面談の最後にひとことだけでしたがお言葉がありました。『あなたの上司にはよく指導しておく』と。これで今後、状況が改善すればいいなとは思っております。ただ、部長も代わられますし、Nは以前の会社でもパワハラははたらいていた男でもあります。これでスンナリ終わるとは限らないとも思っています。逆に見えにくい形で“いじめ”を進行させることも予想されます。今後も状況を慎重に見極めていきたいと思ってます。
ときたまになると思いますが、このような形で状況を不定期に連絡として入れさせてください。ご心労をおかけし申し訳ございません。ありがとうございます。」

戦(いくさ)は、これからだ!
m.jpg【海外ビール】グロールシュ・プレミアムラガー 缶 24本 1ケース
販売価格: 5,330円 (税込)!




  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-06-12 09:41 | パワハラ

ハラはすでにくくっている~(115)~

6月6日。曇り。
4日の日にメールした。総務の次長さんに。そこにいままでポンスケNからされたパワハラについて洗いざらい書いた。。。
昨日一日の次長さんの様子は・・・。顔が曇っていた。
・・・どうやら、次長さんが声をかけてくれたのは、偶然ではなかったようだ。ポンスケNが仕組んだワナなのかもしれない。
ポンスケはこの次長さんのところに、先般のSによる“言いがかかりセクハラ”の一件のときに、“相談”に行っていたようだ。
私のことで、「実は別で困っていることがある。」とでも切り出したのだろう。そこで私のことをねじ曲げて話したようだ。 先手を取られた。
普通ならば会社として即対応しなければならない重大事象のはず。それが2日たっても何のレスポンスもないばかりか、昼休みにその次長さんとポンスケNが歩きながら何か話しているのを目撃。「これは風向き良くないな・・・。」と直感。
組合に パワハラの概要と総務の次長さんにいまのところ一任している旨だけ連絡しておいた。
全面戦争になるかもしれないが、仕方がない。ハラはすでにくくっている。

組合から返事が来た。
 「ご存知のように総務部○○次長は、転勤(転籍?出向?)で△△△に行くため本気で対応してくれないのでは?と思います。
セクハラ&パワハラの排除は組合のテーマでありますので、しっかり取り組んでいきます!何時でもゴーサインを下さい。」

よし、この戦(いくさ)、勝つぞ!
m.jpg【海外ビール】グロールシュ・プレミアムラガー 缶 24本 1ケース
販売価格: 5,330円 (税込)!




  
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
よければ応援のクリックお願いします。にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2013-06-08 01:30 | パワハラ