ブルー・・・ ~(46)~

5月14日(月)。晴れ。

・・・先日の5月12日の土曜日、彼女と実家まで一緒に行き、ご挨拶。
両親とも歓迎ムード。4人での夕食会は終始いいムードで終わった。

よかった。

しかし、彼女は帰り道、ブルー・・・。

妊娠のことだ。
・・・職場に迷惑をかける・・・
・・・好きなダイビングが満足にできない・・・
・・・自分との旅行もなかなか楽しめない・・・
・・・そもそも(それなりに高齢なので)産めるかどうか・・・
とか、そんなことを考えているようだ。

 ・・・申し訳なかったな、と思う。
 ホントに子供が欲しいか、つくるならいつぐらいにつくるか、お互い話し合ってからつくるべきだった。そういう点について、ホントに彼女に申し訳ないと。。。

できるだけ彼女の不安を取り除こう!

入籍までの段取りを早めるために2つ提案した。
「来週にでも、長崎(彼女の実家です)のお母さんのところに挨拶に伺わせていただこうと思うんやけど。聞いてみてもらえる?」
「それと、職場に対してだけど、入籍を先に報告できるようにしよう。それからのちのいい時期に子供が出来ましたと報告するように運ぼうよ。産休とか、職場のひとたちに負担をかけちゃうのは仕方ないと思うし。」

 その晩、彼女の家まで行き、改めてお礼。

「今日は、両親にあっていただき、ありがとう。」

一緒に床に入ったときに、彼女が言った。

「ここに、住む?」

彼女は、1人住まいとしては広めの1LDKに今住んでいる。2人で住むことも可能だけど、もう少しお互いの職場に近い都合の良い場所に2人の新しい住まいを探そうとしていた。


・・・今、考えるに・・・、

ここのままの方がいいのかな。引っ越しとかでバタバタせずに済むし、何より彼女にとって、環境が変わらない方がいいだろうと思う・・・。

それから、彼女、産むことそのものに迷いを感じているようだから、産む方向で考えてもらうように、お願いの話をしよう。


ハイドロゲンウォーターm.jpg HYDROGEN 水素水!
奇跡の水!



にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛体験談へ
にほんブログ村
[PR]

by factor-sangyou | 2012-05-14 22:32 | 復活愛